あめふらしインタビュー取材

『まるで移り変わる天気のように想いをまっすぐに紡ぐ女性ボーカルバンド・あめふらし。』

バンドのいきさつ(エピソード)

 

心の拠りどころ、吐き出す場所を作りたかったのがはじまりです。

 

――バンド名の由来は?

 

最初に集まったメンバーが雨男、雨女ばかりだったからです。 特にボーカルの紅猫はこれまでのバンドの頃もライブの日は高確率で雨が降っていました。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

 

笑顔で元気にハッピーに!っていうのはきっと他のバンドがやってくれると思うので、わたしたちは落ち込んだときや消えてしまいたいときにそっと寄り添える音楽をこれからも演っていきたいなと。

 

音楽を始めたキッカケは?

 

Vo.紅猫 小学生の頃にエレキギターを手にしたのがきっかけ…かな?

 

Gt.叭紅 幼い頃から母が家で流していたL’Arc-en-Cielを聴き、姉が弾かなくなったベースを私が弾き始めたところからでしょうか。

 

Ba.りょうへい 学生時代に吹奏楽部に入ったこと。サックスやってました。

 

Key.こいで 気がついたら…?

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

 

紅猫 たくさんのものをみて、いまよりもすごくおとなだった。

 

叭紅 いじめを受けてた少年時代でした。同級生にも先生にも。だからか高校より前の記憶がぼやぼやです。(高校からはギターを始めて少し元気な奴になりました。)

 

りょうへい ろくでもない親不孝してました。今もかもしれない。親孝行したい

 

こいで いじめられっこ、でも役員とかする人

 

――尊敬するアーティストは?

 

紅猫 ここ最近で一番心を突き刺したのは、菊池恵楓園・金陽会のみなさん。

 

叭紅 メジャーアーティストの方々を上げるとキリが無くなります。笑 私の心を撃つアーティストはメジャーであれマイナーであれ敬愛しております。

 

りょうへい 有形ランペイジの二家本さん。

 

こいで すごく好きなのはTHE BACK HORN。

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

 

誰しもが心に降ることがあるであろう雨に差す、傘のような存在になりたい。

 

今後の活動目標

 

紅猫 ちゃんと生きてうたっていくこと。

 

叭紅 まだまだ降り始めな私達故、どいつもこいつも土砂降りにしてやるくらいの心持ちでこれからも私は私の雨を降らせて生きます。

 

りょうへい まずは足元を固めていきたいです。

 

こいで どんなジャンルのイベントでも、記憶に残るステージができるバンドになりたい。

 

――今後の活動予定をお聞かせください

 

年明けにとても嬉しいお知らせができそうです。 ぜひ今後の情報をチェックしてください。

—————————

あめふらし

Vo.紅猫
Gt.叭紅
Ba.りょうへい
Key.こいで

オフィシャルサイト

Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る