およそ3 インタビュー取材

およそ3

次世代型ハイブリットユニット

およそ3 (およそさん)

バンドのいきさつ(エピソード)

 

それぞれ以前組んでいたバンドが解散してちょうどいいところにちょうど良さそうなメンバーがいたので組みました。

 

――バンド名の由来は?

 

Vo.あーこがゆとり世代ということで、その象徴とも言える「円周率はおよそ3」からメンバーそれぞれが曲によって様々なパートを担うので「3人だけど4?5人分の役割」的な意味で「およそ3」なのかともよく言われます。かっこいいので売れそうになったらそっちにします。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

 

あーこ 個性は、曲ごとに変わるバンド編成。立ち位置は、よくわかりませんが、とりあえず、ゆとり担当です!笑

 

J.K 自由そうなバンドってよく言われます。面白そうなら何でも良い。僕はリーダーなのに何故かメンバーに見下されています。ギターしか弾いてないからかも知れません。

 

 金爆と岡崎体育とヤバTを足していきものがかりで割ったようなバンドで、裏でも表でもいろいろやるおっさんです。

 

――バンド内で決めたルールは?

 

やりたいと思ったことはやりたい人が先陣を切ってやっていい。「バンドのイメージ的にダメ」とかないです。

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

 

ライブ中にVo.あーこが泣きそうな顔をしていたのでお漏らしをしてしまったんだと思い込んでいたらJ.Kがぶん回したギターで怪我をしていたことです。漏らしてませんでした。

 

音楽を始めたキッカケは?

 

あーこ 中学の頃、1番仲の良かった友だちから、バンドやろう!と誘われたのがきっかけです。

 

J.K 何かに飽きた頃にテレビでバンドを観たからです。音楽だけ飽きてません。

 

 3歳からピアノやってますが、親から聞いた話では自分でやりたいって言って始めたらしいです。なので、キッカケは新聞広告です。

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

 

あーこ 兎に角、内気で人見知りな子どもでした。自分でも、今とは違いすぎて驚きます。笑 学生時代は、生徒会に入ってて、優等生やってたと思います(笑)

 

J.K 好奇心旺盛だけど飽きっぽく、次第に意外性ばかり追い求めるようになりました。勉強出来るけど金髪で夜遊びみたいなのがカッコいいと信じてました。今でもちょっと信じてます。

 

 目立つこととかどうやったら人と違ったことができるかばっかり考えてました。それで生徒会長とかもやってました。成績はそれなりに良かったけど、時間守らない提出物出さない学校行かないとかそのころからダメ人間でした。

 

――尊敬するアーティストは?

 

あーこ 特にこの人!てのはいませんが、自分にできないことをさらーっとやっちゃう人は、尊敬します。自分には唄えないような歌を唄う人だったり、自分には書けない詩を書く人だったり。

 

J.K GLAYのTAKUROさん。バンドのリーダーでギタリストで作曲家で人間的にも大きい。最近ではお笑いは世界を救うと思っているので東京03さん、バカリズムさん。ギクシャクした世の中にありなちな一見マイナスに思える部分を笑いによってプラスに変えるネタと音楽も出来る方々。

 

 小室哲哉さん、亀田誠治さん、蔦谷好位置さんみたいな、まわりの人から音楽の専門家として頼られている人を尊敬してます。あと、バナナマンの設楽さん。

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

 

あーこ  聴いてる観てる人たちが、楽しくて思わず笑顔になっちゃうような歌やパフォーマンスができるアーティストになりたいです!エンターテイメントを提供したい!

 

J.K 高い建物から1000万円を躊躇なくばらまく気持ちはありつつも実際のところ迷惑がかかるのでそれはさておき、気持ちの上でそのぐらいのサービス精神のある人間の集団になりたいです。

 

 こいつがいれば大丈夫、こいつなら面白いことやってくれる、と思わせるアーティストになりたいです。そしてすきっ歯を矯正したいです。

 

今後の活動目標

 

あーこ 大きなホールで、ライブしたいです!!!!!

 

J.K お世話になったライブハウスにワンマンツアーで行って恩返し出来るぐらいのポジションに1年ぐらいなりたいです。

 

 ネガティブな理由で脱退しない、解散しない、J.Kを性犯罪の道に走らせない。

 

—————————

およそ3

次世代型ハイブリットユニット およそ3 (およそさん)

『おもしろければ何でもOK!』

2013年3月結成。

ゆとりですけど何か?

ユニークな歌詞・全員ボーカル・変幻自在な楽器構成・何でもコラボレーション等の自由なパフォーマンスを追求。

2013年11月には結成8か月の早さで1st Full Album『r』を全国リリース。広島CAVE-BEにてレコ発ワンマンライブを行う。
『ひろしまフラワーフェスティバル』に2013年よりFFゲストとして出演。
2014年8月にはメンバーがレコーディングを担当し、一部楽曲の製作にも参加したバンド主宰のコンピレーションアルバム『ロックとかきこうず』を全国リリース。
同時期より新たな試みとして「会場&通販限定シングル連続リリース企画」と「コラボレーション募集企画」を同時に開始し、4枚のシングル『UCHU NO HAJIMARI』『およそ3、バンドやめるってよ』『Unknown Artist』『だいたいの曲は似ている』を発売。

2018年4月には全国流通で2nd Full Album『作ってみた』を、2019年3月には会場&通販限定5thシングル『俺たちの平成』を発売。

レコーディングやMV制作も自ら行う究極のD.I.Y.バンド。
東京と広島を中心にYouTubeでのワンマンライブ配信やスマートフォンアプリゲームとのコラボレーション、他アーティストへの楽曲提供などバンドの枠を超えた様々なアプローチに挑戦中! 

ゆとりの女:あーこ
ギターとラップのおっさん:J.K
いろいろやるおっさん :葵

オフィシャルサイト

Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る