アクメ|取材インタビュー

『アクメ』のキャッチフレーズは”全てが圧倒的で刺激、アクメ”

バンドのいきさつ(エピソード)

将吾DIVの解散が決まった後からまた音楽活動を続けていきたいと考えていたというCHISAと将吾。新バンド結成に向けてメンバーを探していたところ、DEZERTのSORAの紹介で2016年5月に解散したメタルコアバンド「ARTEMA」の元メンバーであるドラマーのHALと知り合い、HALは断るつもりであったがお酒を奢ってもらい酔っ払っているうちに加入する事に。ベーシスト探しをしているとCHISAと将吾が確定申告などで個人的にお世話になっている税理士の方からの紹介で、サポートやスタジオミュージシャンなどをやっていたRIKITOに出会い、ちょうどバンドをやりたいと思っていた彼が加入。

 

――バンド名の由来は?

CHISA自分の信じる音楽を進化させて頂点を目指したい、その音とパフォーマンスでファンを絶頂へと導きたい、そんな意味です。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

CHISA各メンバーのスペックが高い!クリエイターとしてプレイヤーとしてパフォーマーとして各メンバーのスペックが高いです。それでいて小綺麗に収まらないパンチの効いたバンドをやろうとしているところが個性です。


 将吾メンバー全員が作詞作曲する珍しいバンド。音や演奏が本格派なのが個性ですかね。



RIKITO僕のバンドでの立ち位置は常に元気に大きな声を出す。メンバーで一番力持ちなので重たい荷物は積極的に持つ。


HALメンバーそれぞれ違う場所で活動していて本来なら出会うはずのない4人が集まったバンド、それがアクメなのです。つまりコレは運命だと思います。ボクのパートはドラムなので後ろからいつもメンバーを見守る存在、ではなくマイワールドを展開させメンバーやお客さんをスリル、ショック、サスペンスに巻き込むことが多々あります。でも他のメンバーがしっかりしているのでボクは存分に暴れられます。

 

――バンド内で決めたルールは?

HAL言いたいことはちゃんと言う、時には喧嘩になることあるかもしれないのでその時はお互い両手を繋いで言い合う。そうすれば手が出ることもないし気持ちがダイレクトに伝わってくるので仲直りも早いからです。

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

RIKITO僕が言うのもなんですが…ベースRIKITOの長期療養により3人体制での活動が始まる(笑)その後無事に戻ってきて今現在は4人で仲良くバンド活動しています。


音楽を始めたキッカケは?

CHISA幼少期ピアノのレッスンに通っていました。

将吾L’Arc~en~Cielを見て、ボーカルをやりたいと思ったんですけどギターの方が簡単だったので、ギターを頑張りました。  

RIKITO幼稚園の頃に兄貴と一緒に通ったピアノが音楽をやる最初のきっかけでした。


HAL母のママ友がピアノの教室をやっていてお試しで始めたらハマってしまって今にいたります。小学生の時はピアノのレッスンがあるので友達と遊びに行けなくて辞めたかったのですが親に辞めさせて貰えず悔しい思いもしましたがそのおかげで今があると思うので親に感謝です。

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

CHISA両親が芸大、美大出身でその影響もあり絵や漫画が好きな子供でした。

 
将吾勉強の毎日で学力は毎年学力トップ。真面目で県では1番の高校を卒業しました。将来は大学教授などになると期待されていました。というのは嘘です。

RIKITO小学校の頃は休み時間に一人で校庭の水槽の金魚を釣って遊んでいました。中学、高校の青春の時期は全てバスケットに捧げました。バスケットに打ち込みすぎた結果友達作りをするのを忘れていたせいで友達はほとんどいませんでした。

HAL幼少期からピアノを弾いていて音楽と共に成長しました。でも大人しい訳ではなく活発すぎて頭を切ったり足を縫ったり火遊びをして火傷したり傷の多い子でした。あの事件をきっかけに火遊びはやめました。

 

――尊敬するアーティストは?

CHISA尊敬してしまったらその人を超えることは出来ない気がしていて、尊敬はせずジェラシーを感じるようにしてます。  

将吾PABLOさん

RIKITO日本人ならベーシストのIKUOさん

HALロックだけではなくクラッシック、JAZZ、FUNK様々な音楽を聴くので1人に絞るのは難しいですね、日本だけではなく海外のドラマー影響を受けたので、、、、強いて1人をあげるなら、「加藤茶」ですね。あの歳で若い奥さんもらって今でも第一線で活躍しているなんて誰にでも出来ることではないと思います。

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

CHISA痒い所に手が届く、そして弱いものの味方ができるアーティストでいたいです。  

将吾バンドだけではなく、色んな音楽活動をやれるようになりたいです。世界中に発信できるように頑張ります。

RIKITO唯一無二のベーシストになりたいです。


HAL音楽の枠を越えて農業、漁師、家の修繕、料理など様々なジャンルで活動したい。誰ひとりかけることなく。


メンバーがメンバーを紹介

CHISA将吾さんは己の音を貫く孤高のギタリスト。完璧なプレイを求めるが故に自分へのジャッジも厳しく、小さなミスを引きずるメンタルに難ありですが、それも演出の1つとしてファンの前で克服中、詳しくはライブを見にきてください。  

将吾おれからみたRIKITOは音楽活動に真面目でストイックなベーシスト。笑いの打率は極端に低いが、当たればホームラン?(笑)

RIKITOHALさんはドラマーなのにピアノも弾けて作曲センスもすごく才能豊か。そして何よりとにかく笑いのセンスがすごい。喋れば喋った分だけ笑いが起きる。逆に俺は喋った分だけ静寂が起こる。この差は何なのでしょうか…

HALCHISAは容姿端麗、歌も上手い、頭も良く男女問わず皆から愛されている。天は二物も三物も与えることがあるらしい。どこか1つでもマイナスを見つけたいが見つからない。せめてケツにでっかいホクロがあってそこから毛が生えていて欲しい。


今後の活動目標

CHISA地球規模で活動する。  

将吾身体を壊さない事、無理のない活動をしていきたいです。

RIKITO常にフットワークは軽く、世界中呼ばれればどこでも最高のライブができるバンドになりたいです。

HAL今年に入ってからアメリカでも活動させてもらっていて海外にもボク達を待っている人がいるという事がわかったので1人でも多くの人にアクメの音楽を伝えて行きたいです。メンバー4人揃っていたらどこまででも行ける気がしています!

ーーーーーーーーーー
オフィシャルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る