アメノイロ。インタビュー取材

アメノイロ。

バンドのいきさつ(エピソード)

 

尾道市立大学の軽音部でVo寺見、Ba嶋田、Dr本多の3ピースでバンドをしていたのですが、アメノイロ。のやりたい音楽を考えたときに、もう1人ギターを増やしたい!ということになり、もともと交流のあった、Gt木村に声をかけ、今の体制となりました。

 

――バンド名の由来は?

 

もともとHi-TONEという名前で活動していたんですけど、当時の楽曲からイメージできるバンド名にしよう。ということになり、夜や雨という表現が多かったので、アメノイロ。という名前に改名しました。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

 

Gt.Vo:寺見 ボケ

 

Ba.Cho:嶋田 ボケ

 

Dr:本多 ツッコミ

 

Gt.木村 ボケ

――バンド内で決めたルールは?

 

地方に住んでいて、遠征が多いため、安全運転は徹底しています。

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

 

安全運転を掲げていますが、遠征の帰り道、軽四に機材+メンバーを乗せていた機材車が瀬戸大橋の真ん中でオーバーヒートしてしまい、帰れなくなってしまったときは焦りました。

 

音楽を始めたキッカケは?

 

Gt.Vo:寺見 高校の音楽の授業でギター弾く日があって、それで楽しかったからです!!

 

Ba.Cho:嶋田 大学の軽音部に入ってから、バンドを知りました。バンドを知らなかったのに軽音部に入った理由は、本当に、分かりません。

 

Dr:本多 高校で軽音部に入ってたからです!

 

Gt.木村 高校の先輩に憧れて。

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

 

Gt.Vo:寺見 基本今とそんなに変わらないと思います。友達グループの輪からちょっと離れてぼーっとしてて話しかけられたら普通に答えるくらいの奴です。

 

Ba.Cho:嶋田 中学まで一人称が「僕」で、それがすごく嫌で、高校に入って一人称を「俺」に変えて世界が変わりました。笑

 

Dr:本多 習い事をたくさんしていて、色んなスポーツをしてました。

 

Gt.木村 真面目一辺倒。

 

――尊敬するアーティストは?

 

Gt.Vo:寺見 GOOD ON THE REELの千野さん。

 

Ba.Cho:嶋田 IZONEです。101人のオーディションから勝ち残った12人はみんな個性が光っていて、12人で織りなすライブは圧巻です。

 

Dr:本多 BUMP OF CHICKEN。尊敬できる部分は歌詞やメロディもそうですが、1番はメンバーの人間性です。

 

Gt.木村 CRAZY VODKA TONIC。高校の先輩でずっと尊敬してます

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

 

Gt.Vo:寺見 GOOD ON THE REELの千野さんみたいな挙動の一つ一つからなんかいいなあって空気が出せるアーティストになりたいです。

 

Ba.Cho:嶋田 見ていて爽快だなと感じさせることのできるアーティストになりたい。

 

Dr:本多 ちゃんと音で表現できるアーティストになりたいです。

 

Gt.木村 寺見の歌を支えてもっとよく聴こえるようなギターを弾きたいです。

 

今後の活動目標

 

Gt.Vo:寺見 モンバスとかそんくらい大きい野外フェスに出たいです。

 

Ba.Cho:嶋田 東京、大阪でのサーキットへの出演が有難いことに増えているので、一つ一つのきっかけを大事にする活動をしていきたい。

 

Dr:本多 お客さんの印象に残るライブをすることです。

 

Gt.木村 一人でも多くの人に寺見の歌の良さを知ってもらうこと!

 

—————————

アメノイロ。

Gt.Vo:寺見幸輝
Ba.Cho:嶋田雅也
Dr:本多隆志
Gt.木村洸貴

オフィシャルサイト

Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る