シルエ インタビュー取材

シルエ

”新潟在住フリーロックバンド”『シルエ』

バンドのいきさつ(エピソード)

Vo.一輝とBa.圭太が高校の同級生で、昔バンドを組んでいて、解散後それぞれバンドをしたりしてなかったりと離れたのですが、久々にお酒を2人で飲みに行った時に「高校の時みたいにバンドやりてぇな〜」と話していて結成に至りました。
その話の中で「面白いやついないかな?」と思い集まっていったのがDr.もみきとGt.ゆうやでした。

 

――バンド名の由来は?

飲みに行ってた居酒屋の名前をどっかの国の言語にして略した結果「シルエ」になりました。あんまり深い意味はないです。呼びやすそうとか覚えやすそうみたいなざっくりした感覚で決めました。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

Vo.五十嵐 一輝 → 天才。

Ba.高橋 圭太 →静かそうに見えてうるさい。ライブで1番騒ぐ人。

Dr.もみき しんのすけ →ポンコツなおしゃべりくん

Gt.石口 侑弥 →1番年下 あんまり人の話聞かない

 

――バンド内で決めたルールは?

「かっこよく」「うまく」より「楽しく」

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

たくさんありますが、最近で言うとVo.一輝が機材車のリアガラスを割りました。

 

 

音楽を始めたキッカケは?

五十嵐 一輝 高校2年生の頃、圭太とは別の友達4人と映画「ソラニン」を「宮崎あおい」目当てで見に行ったところ、バンドというものの熱さやかっこよさがやけに響きました。
その日のうちに知り合いのおじさんからギターを借りて次の日、その4人に自慢しようとしたら、そのうちの1人がギターを購入して、もう1人はじゃあベースを購入すると宣言し、もう1人には誕生日プレゼントとしてドラムスティックを無理やり渡してバンドを組み始めました。
それが音楽を自分がやろうと決めたきっかけです。

高橋 圭太 高校の時友達に誘われて。

もみき しんのすけ 文化祭に出たくて! 初めはベースだった!

石口 侑弥 元カノのお兄さんがバンドマンでかっこいいなぁって思ったから

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

五十嵐 一輝 小学生の頃は体を動かすことがすごく好きで運動神経などもそれなりによかったのですが、小児喘息などの影響で長時間運動するのが難しくなり中学生入った頃からあまり楽しいと思えなくなりました。
中学2年生の頃は虐められ、人と喋ることと、人に自分を話すことが心から怖くなりました。しかし中学3年生の頃にとある方法で完全に克服しました。
復讐とかではないです。とても平和的解決をしました。もっと影響力が出る人間になれたら話します。
最近になってやっと怖かったその2つも完全に克服もしました。
高校に入り、バンドをする前は趣味も特技もなく、勉強も運動もそれなり、何一つ取り柄のない人間でした。

高橋 圭太 昼休みに自分とVo.一輝ともう1人の友達、計3人で絵しりとりや四コマ漫画を描いて遊んでいた。

もみき しんのすけ 休み時間にライトノベルを読みながらアイドルに想いを馳せる少年

石口 侑弥 勉強全くできないけど生徒会長やってた。

 

――尊敬する人は?

五十嵐 一輝 お笑い芸人のダウンタウン。大好き。

高橋 圭太 Vo.五十嵐一輝(アーティストとして)

もみき しんのすけ 両親

石口 侑弥 家族全員

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

五十嵐 一輝 とても弱かった自分が曲を作って感動を起こし、ステージに立ち歌って拍手を起こし、インタビューを受けて記事に乗る、昔の自分のように今弱い人間になってしまっている人達の1つの救いとなるアーティストになりたい。
弱い人間も必ず強くなれるし、弱い気持ちをわかった上で強くなった時は、何よりも強い。とたくさんの弱者に伝えたいです。

高橋 圭太 激しく且つ繊細なベーシスト。

もみき しんのすけ いい意味で目立つドラマー

石口 侑弥 代わりのいないギタリスト

 

今後の活動目標

五十嵐 一輝 とにかくたくさんの人に知られたい。
音楽の自由さを知らせたい。
メンバーをでかいステージに立たせたい。
武道館にお世話になった人達を沢山呼んでライブしたい。
じじいになるまでこのバンドでいたい。

高橋 圭太 切実にレーベル所属。

もみき しんのすけ バンドとしてお給料を貰う

石口 侑弥 家族が安心するくらい大きくなりたい。


シルエ

Vo.五十嵐 一輝
Ba.高橋 圭太
Dr.もみき しんのすけ
Gt.石口 侑弥

◆オフィシャルサイト◆

◆Twitter◆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る