ポイズンラットインタビュー取材

ポイズンラット

猛毒中毒アイドル ポイズンラット

 

グループ結成のいきさつ(エピソード)

 

プロデューサー(てるな)と縁の深い名古屋のバンドTHREE LIGHTS DOWN KINGSのギターu-yaがアイドルの音楽を作ってみたいと言ったのがきっかけです。
憧れの音楽を生み出している方の音楽で私も表現してみたい。と思いメンバーを募集しました。
最初は友人と友人の紹介で出会えた現在のリーダーおりり(楪)と前身となるユニット”すいーとどりーむ”を立ち上げ、 修行と経験を兼ねて活動を開始。
楽曲が完成したのちにポイズンラットを結成。(ポイズンラットになるタイミングで友人は抜けることとなりました。)
募集で集まってくれた縁のある女の子達と今は活動しております。
すいーとどりーむを引き継ぐようにポイズンラットでは最初に出した音源に”sweet dream”という曲があります。
こちらは作詞を楪菻李が担当、楽曲はTHREE LIGHTS DOWN KINGSのu-yaが行っております。
ドラマをしっかり繋げていきたいなという思いがありこの楽曲を出しています。

 

――グループ名の由来は?

 

最初にまっさらな中で、「どうする?」って考えたときに てるな(プロデューサー)とした会話で、「おりりは一番好きな動物何?」「ラット飼ってるよ、ラットすき!」ってところからです。
ラットに何かつけたいね、厳ついの、、、「ポイズン!」って感じでニュアンスで決まった名前ですが、未だにラットは飼ってますし、名前も気に入ってます。

 

――グループでの個性や立ち位置は?

楪菻李

楪菻李(ゆずりはりり) ポイズンラットのリーダー。メンバー1聴かせる歌声が担当。歌姫。トーク力も抜群。しっかりライブでは思いをぶつけてくれます。

 

愛音ゆら(あのんゆら) 可愛い担当!メンバー1ダンスで魅せます!

 

苺谷あじゅ(いちたにあじゅ) 小さく可愛らしい声とは裏腹に強く重い煽り、強烈なシャウトが特徴。

 

猫屋敷七十七(ねこやしきなづな) 清楚に見せかけてお色気担当、酒クズ、ゴリゴリの煽りでお客さんをブチ上げる。

 

――グループ内で決めたルールは?

 

ライブ直前、SE中にリーダーが今日の意気込みをみんなの顔を見て言う、→ 円陣の流れを作っています。 これを行うことで、メンバー同士気持ちのまとまったライブができるようになったと思います!

 

――これまでにグループ内で起きたアクシデント

 

リーダー歌姫、楪の声がほとんどまったく出なくなった時。 ゴールデンウィークにライブが続いて、もともと喉が弱いのもあって本当に声が出なくなった日があって しかも東京遠征で、( 笑 ) 落ちサビが全然歌えなくて泣いてしまって、そしたら振り付けを無視してメンバーが肩を抱いて一緒に歌ってくれました。 ハプニングと同時に 素敵な仲間を持ったなあと、感じた瞬間です。

 

音楽を始めたキッカケは?

 

楪菻李 音楽や歌うことは物心着いた頃から大好きで、心の拠り所でした。 歌を歌う仕事がしたい!と小さい頃からの口癖でしたが明確に志したのは中学生くらいでした。 でも夢物語だなって、諦めようとしていた中で、今のプロデューサーてるなに出会って、今に至ります。

 

愛音ゆら 歌うことと踊ることが好きなのと、私はアイドルさんがとても好きでライブを見るたびにいつか私もこんなふうになりたい!同じステージにたちたい!と思ったのがきっかけです

愛音 ゆら

苺谷あじゅ 寂しい時とか苦しい時一人でいる時間が多かった自分の心の拠り所はいつも音楽でした。孤独に寄り添ってくれる音楽が好きで自分でも表現できたらなと思ってました。高校の時にそれを理解してくれた友達とバンド結成したのがはじまりです。 卒業と同時に解散してしまったのですが 別の形でも音楽を続けてられるのが今すごく嬉しい。

 

猫屋敷七十七 幼なじみがバンド好きでその影響でそのジャンルのバンドが好きになって、そのバンドに憧れてコピーバンド始めたのがキッカケ。(でも成長するにつれてバンドよりアイドルやりたくなってきて辞めた)

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

 

楪菻李 小さい頃は田舎に住んでいたのもあって、毎日田んぼや川で泥だらけになって遊ぶおてんば娘でした。 学生時代は本当に友達がいなくて、毎日1人でお昼ご飯を食べたり、軽くいじめられていた時期もありました。( 笑 )

 

愛音ゆら とにかく運動が大好きで、色んな習い事したり部活に入ったり活発的でした。

 

苺谷あじゅ 子供の頃はあまり活発的ではなかったです。どっちかというと外で遊ぶより絵をかいたりだとかの方が好きでした。 今もインドアなのでそのまま成長したなぁという感じです。

 

猫屋敷七十七 中学生で人間不信の引きこもりになってしまったので学生経験は小学生で止まっています。 夜中に遊び歩いたり、派手髪とピアスで自己主張強くしたり色んな意味で目立ちたがりで周りの迷惑ばかりかけるクソガキでした。笑

 

――尊敬する人は?

 

楪菻李 私、里親さんに育てられていた時期があるんですけど 尊敬する人は?と言われたら、里親さんとその娘さんです。 私にとっては母と姉です。 血の繋がりがない子供を受け入れて、育て上げるって簡単なことじゃないです。 今の私があるのは里親さんとその家族のおかげです。

 

愛音ゆら 元風男塾の青明寺浦正さん

 

苺谷あじゅ Marilyn Manson / SuG 武瑠

彼らの表現力と儚さにずっと魅せられてます。

苺谷 あじゅ

猫屋敷七十七 DIR EN GREY 京さん

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

 

楪菻李 アイドル、というよりも「私」を創りたいと思ってます。 「私」と「君」で、素敵な道を歩んでいきたいです。

 

愛音ゆら 私らしく、笑顔でみんなを元気づけられるアイドルになりたい。毎回のらいぶで行ってよかったと言われる人になりたい。

 

苺谷あじゅ 自分を支えてくれた音楽のようにみんなの生きる支えになりたいです。

 

猫屋敷七十七 唯一無二のカッコイイ、色んな意味で強い存在になりたい。

猫屋敷 七十七

今後の活動目標

 

楪菻李 まずはワンマンライブのソールドアウトです。 絶対無理って笑われたし、私も心が折れてしまいそうな瞬間はあるけれど みんなの笑顔が見たいし、一緒に素敵な時間を過ごせるようにやれることは全部やります!!

 

愛音ゆら ワンマンライブsold out!(2019/11/30大阪ワンマン 12/22 名古屋ワンマン)

 

苺谷あじゅ ワンマンライブsold outは絶対に成し遂げたい。(2019/11/30大阪ワンマン 12/22 名古屋ワンマン)

 

猫屋敷七十七 ワンマンライブを埋めたいです。

 

—————————

News release情報

2019/11/30 大阪ワンマンライブより 4th 会場限定single “毒69”発売!

 

3rd ワンマンライブ

2019/12/25 3rd ワンマンライブ Pandemic pathway “infection” を行います。
こちらチケット1枚につき 初見さん(物販でのご購入がない方)を5名まで招待可能!
招待人数によって特典もGETできます!

 

ポイズンラット

ポイズンラット

(L→R)

愛音ゆら(あのんゆら)
猫屋敷七十七(ねこやしきなづな)
苺谷あじゅ(いちたにあじゅ)
楪菻李(ゆずりはりり)

オフィシャルサイト

Twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る