ワヅカ インタビュー取材

ワヅカ

バンドのいきさつ(エピソード)

Gt/Vo.菊地 キッカケは大学の軽音部です。
とは言っても、当時のメンバーはもう僕しか残っていません。メンバーが抜けたときに幼馴染である加藤(Dr)、大学の後輩であった金盛(Gt)とぽん(Ba)を誘い現体制になりました。

 

――バンド名の由来は?

菊地 「あなた自信を動かす僅かな力に」
というのがこのバンドのコンセプトです。
音楽は人生をガラッと変えられるようなものではないという持論があるのですが、音楽を聞いてほんの小さな何かを得るだけで世界は変わるものです。
その、ほんの小さな何かを受け取って貰いたいという理由で名付けました。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

菊地 全ての楽曲の作詞作曲をしています。
自覚はありませんが、よく天然だと言われるのでどうにか隠し続けたいです。

Gt.金盛 演奏の技術的な面に対する指摘をしています。

Ba.ぽん 個性と呼べるか微妙ですがきっと変な人、、?だと思われてると思います。

Dr.加藤 アホやってます。

 

――バンド内で決めたルールは?

菊地 決め事と言っていいか微妙なところですが、どれだけバンドの規模が大きくなってもメンバー全員、ライブは一生やっていたいと思っています。

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

菊地 つい最近の話ですが、昨年の秋頃に僕が「肺気胸」を患ってしまって活動を休止していました。リリースの予定も後ろ倒しになってしまい、メンバーや関係者にご迷惑をおかけしてしまいました…。健康第一です。

 

音楽を始めたキッカケは?

菊地 兄の部屋のCDやMDを誰の曲かもわからないまま漠然と聞き漁るくらいには幼い頃から音楽は好きでした。中学の部活が終わって、「はじめるならココだ!」と一念発起しました。

金盛 中学の時になんとなく始めたのがここまで続いています。

ぽん 中学生の頃に今の自分の芯になる大きな目的ができて、高校に入ってその目的の手段の一つとして音楽を始めました。

加藤 野球部を引退して暇でした。

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

菊地 幼い頃はものすごくシャイで、外食の時に恥ずかしくて自分で注文できないような子でした(笑) 大人になって人前に立つような人間になるなんて想像もしてませんでした。

金盛 よく寝て、よく食べて、よく遊んでしました。

ぽん 小さい頃は「のほほん」と生きてましたが、学生時代は色んな葛藤が生まれた時期でだいぶ捻くれた子でした。

加藤 一言で言うとバカでした。

 

――尊敬する人は?

菊地 両親、兄、祖母。家族全員を尊敬しています。

金盛 広く言えば社会に出て働いている人みんな
個人をあげるとすれば祖母です。

ぽん 間違いなく両親です。母は自分のやりたい事を仕事にし成功していて偉大で、父はそんな色々と自由に生きてる家族のバランスをとれる寛大な心をもっていました。

加藤 ドラムの師匠

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

菊地 基本的には常に「正直」でありたいと思っています。自分に対しても他人に対しても、包み隠さないというのはなかなか難しい事だと思います。アーティストとしても、一個人としてもそうありたいです。

金盛 ギタリストとしても、一人間としても好感を持てる存在になりたいです。

ぽん たくさんの人々に「気づき」を与えていけるアーティストになりたいです。

加藤 ハイパードラマー

 

今後の活動目標

菊地 大型フェスへの出演や、大きな会場でのワンマンなど目標を挙げればキリがないのですが、1番は作曲家・作詞家として納得がいくものを作り続けたいです。

金盛 誰がどんな時に観ても、聴いても、僅かでもいいから前を向けるような、そんな姿を、曲を届けられる『ワヅカ 』であり続ける為にこれまで以上に気を引き締めて僕達の音楽を届けていきたいと思います。

ぽん 佑介が作る曲たちがもっと多くの人達に広まるように日々考えていこうと思っています。そのためにもサーキットフェスの出演を増やしつつ、自主企画なども行っていきたいです。

加藤 すごいバンドになりたいです!!

 


ワヅカ

Gt/Vo.菊地佑介
Gt.金盛功嗣
Ba.ぽん
Dr.加藤圭二郎

◆オフィシャルサイト◆

◆Twitter◆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る