CRISIS|インタビュー取材

CRISIS『超王道Vロック』

 

バンドのいきさつ(エピソード)

特にコンセプトもなく曲ができたからライブをしようという感じでライブ活動を始めて今に至ります。最初はメイクもしてなかったですね。

 

――バンド名の由来は?

Ryo特別な意味はないんですけどシンプルで覚えてもらいやすいバンド名にしたかったですね。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

Ryo歌モノのビジュアル系バンドって感じですかね
激しいけど綺麗ってのを意識してます
Shiu僕はキーボードなのでキーボードがいるバンドというのも個性かなと
タンタンあるべき音楽の形

 

――バンド内で決めたルールは?

タンタンありすぎて書ききれないです(笑)

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

かみこちっちゃいアクシデントは沢山ありますけどそこまで大きなアクシデントは今のところないですね

 

音楽を始めたキッカケは?

Ryo最初はドラムだったんですけど色んな人にボーカルを勧められて歌うのも好きだったのでそのままボーカルになりました
暇だったからです
タンタン高校でバンドが流行ってて、ベースとドラムが全然いなくてアーチェリー部からヘッドハンティングされました
Shiu先生から文化祭の合唱コンクールで弾いてみれば?の一言ですね
かみこ

 



――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

Ryo歌うのが好きな子供でしたね
頭がおかしい奴って言われてました(笑)
タンタン真面目に勉強してました
Shiu海や山でよく遊んでました
かみこ昔から本が好きでした。好きな小説家のサイン会とかよく行ってましたね。

 

――尊敬するアーティストは?

-控えさせていただきます。-

――将来はどんなアーティストになりたい?

RyoRyo知らないとか人生の半分損してるよ!?って言われたいですね。
タンタン誰かがベースやってみようって思ってくれるベーシストになりたいですね

 

今後の活動目標

Ryo流行りに乗るのがあんまり好きじゃないんで、時代に逆らうような特徴の曲をやっていきたいですね。

ーーーーーーーーーー
オフィシャルサイト
『Affinity Wings』
https://www.youtube.com/watch?v=6k8lUvPymPU

ーーーーーーーーーー

編集部コメント

『CRISIS』様の「Affinity Wings」を編集部で聴かせて頂きました。 ヴィジュアル系というジャンルから激しい曲をイメージしていたのですが、とてもメロディアスでキャッチーな曲調に驚きました。
メンバーにキーボードがいることで、メロディアスな曲調が更に華やかになっており、ギターアレンジも無理にリフを多用することなく、ベースやドラム供に楽曲をサポートする役に徹しています。
そしてボーカルが切なく、そして時に激しく感情的に訴えかける「Affinity Wings」は『CRISIS』様の必聴のおすすめの一曲となっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る