Hivari|インタビュー取材

Hivariアーティスト画像

『Hivari』キャッチフレーズは”千葉県佐倉市発3ピース叙情オルタナティブバンド”


バンドのいきさつ(エピソード)

モモジュンペイ(Vo/Gt)が前身バンド解散後、短期間のソロ活動を経てライブハウスで音響をしているヤマザキユウスケ(Ba/Cho)に声をかけその後、モモと高校時代からの友人であるサクマユウゴ(Dr/Cho)に2人で声をかけ、Hivari結成に至りました


――バンド名の由来は?

記憶が曖昧ですが、ヒバリという鳥の鳥言葉に「成功」や「達成」などのポジティブな意味があり、願掛けを込めて付けた気がします。また、同音の言葉と区別するため「Hibari」ではなく「Hivari」としました。


――バンドの個性や立ち位置は?

モモ(Vo/Gt.)抽象的

ヤマザキ(Ba/Cho.)飽き性・大黒柱

サクマ(Dr/Cho.)理屈大好き・物販担当

――バンド内で決めたルールは?

決めているわけではありませんが、不機嫌であっても挨拶はする、不満はすぐに言葉で伝える、家族との予定は極力優先するなどが普段から守られています。 メンバー全員けじめがなかったり筋の通っていないことが嫌いな性格なので意識して活動しています。


――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

ライブ当日、機材車のエンジンを整備不良で故障させたことです。演奏開始時刻には間に合いました。

 

音楽を始めたキッカケは?

モモ(Vo/Gt.)高校1年生の時、なんとなく軽音部に入ったことです。

ヤマザキ(Ba/Cho.)後ろの席だった同級生に誘われて。目立つタイプではなかったので何か変えられるかもと思って。俗に言うモテると思ったからってやつです。

サクマ(Dr/Cho.)高校に入る前から軽音部に入りたいとは思っていたが、高校入学時の部活紹介で演奏していた先輩を見て決意を固めました。


――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

モモ(Vo/Gt.)好きなことしかしないような悪ガキでした。

ヤマザキ(Ba/Cho.)臆病者・内弁慶・本音がハッキリ言えないタイプでした。

サクマ(Dr/Cho.)頭の堅いガリ勉くんでした。


――尊敬する人は?

モモ(Vo/Gt.)両親です。

ヤマザキ(Ba/Cho.)両親ですが、アーティストであるならば、向井秀徳氏です。

サクマ(Dr/Cho.)祖父です。アーティストだとジョナサン・モフェットです。


――将来はどんなアーティストになりたい?

モモ(Vo/Gt.)独特の雰囲気を持つアーティスト。

ヤマザキ(Ba/Cho.)常にアップデートを提示・表現できるようにありたい。

サクマ(Dr/Cho.)個性を大事にした上で世の中の音楽に柔軟に対応できるアーティスト。


今後の活動目標

モモ(Vo/Gt.)虜になったら最後、もう離れられないようなバンドになること。

ヤマザキ(Ba/Cho.)結果は伴ってほしいですが、不自由なく音楽活動を続けることです。常にアップデートした物を提示できるようにしていたいです。

サクマ(Dr/Cho.)Hivariにしかない魅力をまず知ってもらうためにこれからも地道に努力し続けていきたい。最終的には、やっぱり全国いろんな方々の耳に入るようなバンドになりたいです。

ーーーーーーーーーー
【Twitter】
https://twitter.com/HIVARI_BAND
【YouTube】
https://www.youtube.com/channel/UCMRwDGSMTBZmfhlHPXuYm2w
【公式HP】
https://www.hivariofficial.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る