Scarlet Valse(スカーレットバルス)|インタビュー取材

バンドのいきさつ(エピソード)

Kakeru2011年に始動し、いきなりワンマンから全国約30箇所のツアーでファイナル渋谷QUATTROでのワンマン。毎年ツアーに出るなど積極的に活動。Starwave Recordsに所属し、さらに活動の幅を広げる。メンバーチェンジを経て、現在の最強なメンバーが揃い、47都道府県ツアーを敢行。間髪入れず、全国ワンマンツアーも決定。こんな感じでしょうか。

――バンド名の由来は?

KakeruScarletは英語で「真紅」、Valseはフランス語で「ワルツ、舞踏会」その二つの単語を繋げた造語です。 バンドのイメージが「薔薇」でして、真紅の舞踏会を広げていく…と同時に、俺、ジブリが好きでして、とあるアニメで「破壊の呪文」として有名な言葉です。(笑)そういった裏の意味も込めて…真紅の舞踏会、真紅の破壊といった感じですね。

 

――バンドの個性や立ち位置は?

Kakeruバンドとしては聞きやすい歌謡メタルって感じでしょうか(笑)聞く人の心の支え、生きていく糧になる楽曲をしている…やはりメタルですね(笑)シーンでのScarlet Valseの立ち位置は老若男女関係なく愛されるメタルなバンドかな?と思ってます。自分の立ち位置としては、兎に角、「勢い」「強さ」「温かさ」の象徴的立ち位置に加え、バンドの「頭脳」でなければと思っています。

You.見た目で耽美と思われがちだけど、ヘヴィなサウンドと激しい楽曲でファンと一体に暴れたりと、スーパーライブバンドです。 俺は上手ギターで主にリフとソロとヘドバンを重視してます。

Rinこんな出で立ちをしてますが、みんなが笑顔になれる優しいバンドですよ(笑) そんなバンドの中でも私はとくに癒し系だと思うんだけど…どうなんでしょう(笑)

Shian僕は途中加入したメンバーで、深く考える必要もなく気付いたら入ってました(笑) やりたい事を会話の中でポロッと言った事が実現出来ちゃうのがバンドの良さだと思います。新しい事を常に考えてやれるバンドだと思っています。

Yo-hey私はドラムですし縁の下の力持ち的な立ち位置です!

 

――バンド内で決めたルールは?

Shianルール…これと言ってとくには無いけど、やろうとしてる物事に対してどう思う?ってメンバーに相談して有りか無しか決めるくらいですかね?

Kakeru最終的には俺がルールですね。(笑)

 

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

Kakeru大事なワンマンでShianのエクステが吹っ飛ぶという旬なネタに始まり、過去には色々ありましたよ(笑)ロリータのコスプレをして、ステージから飛び降りて膝を強打。しばらく普通に歩けませんでした。危うく、ロリータ服のまま救急車で運ばれるのでは?って感じでした(笑)

You.ライブ中に骨折、、、2回、、、 1回目はお立ち台から後ろに飛び降りたらヒールが滑って右足の甲を骨折。 2回目はステージのせりだしが崩れ、転落して右肩を亀裂骨折。

Rinアクシデント…先日ライブ中にKakeruさんとYou.さんがぶつかって二人で寝転んでましたよ(笑)

Shian俺がインフルかかっちゃって俺だけ大阪遠征行けなかった事がありました…

Yo-heyワンマンライブ中にバスドラムのヘッドが破けて演奏続行出来るかどうかという状況になり焦りました!


音楽を始めたキッカケは?

Kakeru幼稚園の時ピアノを習わされ、小学校の時にギターを無理やり買い与えられ、全く興味なかったのに、Xさん、LUNA SEAさんを知って目覚めましたね。(笑)

You.THE BLUE HEARTS の青空を聴いて歌いたいと思ったのがきっかけでアコースティックギターを始めました。

Rinギターを始めたきっかけはテレビアニメのオープニングになってた音楽を聴いて、「ロックってかっこいい!ギターってかっこいい!」って思ったことです。

Shian中学1年生から2年生に上がる長期休みの時だったかな、TSUTAYAでの買い物に母親に付いてったのが始まりで、X singlesのCDジャケットを見た時に音楽に興味すら無かった俺がなんでだか欲しくて、初めてCDを買ってもらったのがキッカケです。

Yo-hey幼稚園の頃に兄貴や従兄弟が楽器を持っていて様々な音楽やドラムを教えてくれたのがきっかけでした!

 

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

Kakeruあんなことやったり、こんなことやったり、親からは「しゃーしい」とか「せからしい」って言われてましたね。まぁ、優等生ってことです。(笑)

You.優等生でした(笑)世を忍ぶ仮の高校生くらいまでは。

Rinおとなしい子でした。意外かもしれないんですけど、俗にいう陰キャです(笑)

Shian相当なアウトドアな生活で常に外で遊んでました(笑) 自分で言うのも変ですけど相当うるさい子供だったかと思います。今もですけどね(笑)

Yo-hey幼少期に流行っていた音楽を兄から聴かせてもらい、おじいちゃんから野球を教えてもらい、野球と音楽、ドラムに熱中していました!

 

――尊敬するアーティストは?

KakeruX(X JAPAN)さん、hideさん、GEORGEさん(LADIESROOM)、GACKTさん、KAMIJOさん、Mozart、Karen Carpenter…他にも沢山です!

You.hideさん、X Japanさん、THE BLUE HEARTSさん、Georgeさん(LADIESROOM)、逸見泰典さん(ジルバ)

Rinたくさんいて選べないんですが、ルーツという意味ではB’zさんですかねぇ。

ShianXJAPANさんとGACKTさん、V系を本格的に聴くようになったキッカケでもあるDaizyStripperさんです。

Yo-hey橘高文彦さんです!オーラと温かい人柄と人としても大変尊敬しています!

 

――将来はどんなアーティストになりたい?

Kakeru音楽から体温が感じられる、愛を感じられるアーティスト、というか人間になりたいですね。

You.ビッグなアーティスト!とは言いませんが、俺たちを観てバンドを始めたりギターを始めてくれる若者が増えたらいいなと思います。あと、俺の仕様モデルのギターが売り出されたら(笑)

Rin世界中に笑顔と癒やしを与える存在になりたいです!

Shianカッコイイのに面白い。そんな感じ。

Yo-hey作曲者が描くモノに応えられるドラマー、愛されるアーティストになりたいです! Scarlet Valse(スカーレットバルス)|インタビュー取材


今後の活動目標

Kakeruまずはメンバーの夢を叶えるのが目標ですね。自分の夢はそのあとで。

You.目指すは東京ドーム!

Rinさっき言った通り世界中に笑顔と癒やしをという理想があるので、まずは目標として目の前の人を笑顔に目の前の人に癒やしをあげられる存在になります。

Shian深くは考えずに今まで通りにやりたい事やっていきたいなと思ってます。 それとは別に今まで以上にライブに来てくれたみんなを楽しませる事を常に考えていきたいと思ってます。

Yo-hey先ずは自身の身体を壊さずにしっかりバンドの土台を支えて行くのが常に目標です!

ーーーーーーーーーー
オフィシャルサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る