Solaris Clock|インタビュー取材

『物語を紡ぐ3ピースバンド、Solaris Clock』


バンドのいきさつ(エピソード)

大学の軽音でVo,Gt山下とDr曽我部が最初にバンドを組もうと決め、その後Ba藤井が加入しSolaris Clockになりました。

――バンド名の由来は?

Vo,Gt山下が好きだった映画「惑星ソラリス」からソラリスというバンド名にしようと思っていましたが、既に何組かいた為に別の単語をつけようと相談しクロックを付け足しました。 (時計は基本3つの針で構成されているのが3ピースバンドの我々に合っているなと思い決めました!)

――バンドの個性や立ち位置は?

山下フロントマンとして何かを発信する矢面に立ってはいます。 が、3人でいる時は心底2人に頼って活動しています。笑 信頼できる2人がいるからこそです。

藤井ベースラインのようにバンドを柔軟に支えたいなと思ってます…!

曽我部一応リーダーもやっていますので屋台骨でしょうか? そうでありたいと思っています!笑

――バンド内で決めたルールは?

LINEなどで連絡を取り合う時は敬語、お互いに何か作業した時はお礼をしっかり言い合う。 (実際に会ってる時はタメ口です!笑)

――これまでにバンド内で起きたアクシデントは?

東京でライブする時にリーダーが新幹線に遅刻したけれど、結局先に着いたこと。笑 (他の2人が鈍行だった為)

音楽を始めたキッカケは?

山下憧れの人みたいに歌って、ギターを弾いて、バンドを組みたいと思ったから。 自分の感情を誰かと共有したかったから。

藤井高校からやりたかったのですが軽音楽部がなかったので、大学入学を機にベースを買ってそこからです!

曽我部子供の頃バンド演奏をテレビで見てドラムに憧れ、高校で軽音部に入りました。

――子供の頃や学生時代はどんな子供だった?

山下小学生の頃は今より外に出るのが好きでアクティブだった。笑

藤井大人しかったです…!笑 中学が一番大人しかったような?

曽我部他のメンバーに比べると明るくも暗くもない普通でした!笑

――尊敬する人は?

山下両親、藤原基央

藤井アーティストだとザ・ストロークスのニコライ・フレイチュア、BUMP OF CHICKENの直井由文さん!

曽我部9mm parabellum bulletのかみじょうちひろ、TOKIOの松岡さん。(子供の頃見たきっかけです。笑)

――将来はどんなアーティストになりたい?

山下この人がいないとダメだ、って思って貰えるような。

藤井周りを見て気配りのできるベーシストになりたいですね…!

曽我部これからも末長くSolaris Clockで楽しんで演奏できることを目指して行きたいですね。


今後の活動目標

山下沢山オリジナル曲を発表したい。 なにより3人で鳴らし続けること。

藤井WEBを通じて増えたファンの方々とライブを行いたいですね…!

曽我部今年はMV6本公開を目標にしています! 普段Vo,Gtのカバー曲のエンジニアをして頂いている方とのコラボ楽曲も?

ーーーーーーーーーー
◆オフィシャルサイト◆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




ROCK

IDOLE
VISUAL




ページ上部へ戻る